YOKOHAMA AIR CABIN<br>について

YOKOHAMA AIR CABIN
について

日本初、世界最新の都市型循環式ロープウェイYOKOHAMA AIR CABINは、JR桜木町駅前と新港地区の運河パークとを結び、街を高所から楽しみながら移動できる観光振興施設として、新たな横浜・みなとみらいの魅力を創出します。さらに世界的な照明デザイナー石井幹子氏に駅舎やキャビンの演出照明計画の監修をお願いするなど、安全かつ快適に、そして楽しい施設づくりを行っています。

ルート

ルート図
キャビン

キャビン

全キャビンバリアフリー対応、空気の自然循環による換気システム、さらに最新式バッテリーによる冷房システムや各種安全監視システム、フルカラーLEDによる演出照明など様々な分野で泉陽独自のノウハウと技術を結集した最先端の機能を備えています。

駅のご案内

「桜木町駅」はJR桜木町駅を出た目の前にあり、YOKOHAMA AIR CABINで新港地区の「運河パーク駅」に渡ると、よこはまコスモワールドやワールドポーターズ、ハンマーヘッド、赤レンガ倉庫など、みなとみらいを代表する観光スポットに空からの景色を楽しみながら楽に移動できます。駅舎は人に優しいバリアフリー構造で、夜になると駅舎内部はライトアップや映像による演出が行われ、昼とはまた違った表情でお客様をお迎えいたします。

桜木町駅Sakuragi-cho Station

桜木町駅
桜木町駅

運河パーク駅Unga Park Station

運河パーク駅
運河パーク駅

主な仕様

全長 約1,260m(片道630m)
最高高さ 約40m
キャビン数 36台
定員 8人乗り(×36台=288人)

明日のレジャースペースを創造し、賑わいの街づくり、観光振興に貢献する - 泉陽興業株式会社